17年5月25日 00:38
  13年12月31日 16:05   閲覧件数 918
 まず「立派な人」とはどういう人を指すのでしょうか。
  13年12月30日 20:29   閲覧件数 704
 信仰をしていない人は、よく「信仰をしていても、こんなに悪い人がいるから信仰する気にならない」といいます。
  13年12月30日 17:10   閲覧件数 615
 仏法は、人間が本質的に直面しなければならない苦悩を解決するために説き明かされたものですから、苦しみ悩む人が救いを求めて信仰に入ることは当然のことです。
  13年12月30日 16:27   閲覧件数 621
 意思の強い人とは、一つの目的に向かって、種々の障害があろうとも、それを乗り越えていく努力ができる人のことをいい、目的に向かうことは同じでも、途中で挫折してしまったり、また一つのことに長続きしない、移り気な人が意思の弱い人といえると思います。
  13年12月29日 22:16   閲覧件数 497
 私たちは、日常さまざまな判断をしながら生きています。善悪を考えて決断しなければならないときもありますし、損か得かを考えて行動したり、他人の評価を考慮して行動する場合もあります。
  13年12月29日 21:10   閲覧件数 586
 現在、日本には二十万以上の宗教があるといわれています。
  13年12月29日 18:23   閲覧件数 550
 一般に、どのような境遇にあっても、人間の幸不幸は所詮その人の心の持ち方・考え方によって決定されるのだから、宗教に頼るよりも、心に“自分は幸せだ”と思うことが大切である、という考え方があります。
  13年12月29日 17:40   閲覧件数 495
 たしかに信仰は他人に強要すべきものではありません。また、他人に強要されてできるものでもありません。
  13年12月29日 17:33   閲覧件数 546
 現代はたしかに忙しい時代です。いまや国民のすべてが時間との闘いにあけくれているといっても過言ではありません。
  13年12月29日 16:37   閲覧件数 531
「信仰は年寄りがしていればよい」という意見には、信仰に対する無理解と老人に対する偏見が潜んでいるように思われます。