17年5月25日 00:37

宗祖日蓮大聖人《今月の御書 12月度》

  15年12月15日 15:58   閲覧件数 373
『異体同心事』 弘安二年八月 五八歳


白小袖一つ、あつわたの小袖、はわき房のびんぎに鵞目一貫、並びにうけ給はりぬ。

はわき房・さど房等の事、あつわらの者どもの御心ざし、異体同心なれば万事を成)じ、同体異心なれば諸事叶ふ事なしと申す事は外典三千余巻に定まりて候。

殷の紂王は七十万騎なれども同体異心なればいくさにまけぬ。

周の武王は八百人なれども異体同心なればかちぬ。

一人の心なれども二つの心あれば、其の心たがいて成ずる事なし。

百人千人なれども一つ心なれば必ず事を成ず。

日本国の人々は多人なれども、同体異心なれば諸事成ぜん事かたし。

日蓮が一類は異体同心なれば、人々すくなく候へども大事を成じて、一定法華経ひろまりなんと覚へ候。

悪は多けれども一善にかつ事なし。

譬へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ。

此の一門も又かくのごとし。

其の上貴辺は、多年としつもりて奉公法華経にあつくをはする上、今度はいかにもすぐれて御心ざし見えさせ給ふよし人々も申し候。

又かれらも申し候。

一々に承りて日天にも大神にも申し上げて候ぞ。

(御書一三八九㌻)