17年10月18日 11:08

日蓮正宗総本山大石寺第六十八世御法主日如上人猊下《今週の御指南9月第1週》

  15年9月 3日 08:12   閲覧件数 682
《今週の御指南9月第1週》
『須弥山に近づく鳥は金色となる』


御金言に、

「須弥山に近づく鳥は金色となる」(御書一〇五四㌻)

と仰せの如く、本門戒壇の大御本尊まします最勝の地、総本山に登山参詣する功徳は凡智をもってしては計り知れない大きなものがあり、過去遠々劫の 罪障を消滅し、三業の悪を転じて法身・般若・解脱の三徳を成ずることは毛頭、疑いないのであります。

したがって、講中の全員が老若男女を問わず、互いに声を掛け、互いに誘い合っていくことが肝要であります。

 かつて、日顕上人は「支部総登山の目的は、支部の足腰を鍛えることにある」と御指南されています。

(中略)

支部総登山を推進していくなかで獲得するものは、実に計り知れない大なるものがあります。

 それは個人においても、あるいはまた組織においても、また信心においても、また生活においても実に顕著に表れてきます。

そこで培われたものが、今後の広布への戦いの大きな原動力となって、折伏逆化の場に発揮されることになるのであります。