17年4月24日 02:36

日蓮正宗総本山大石寺第六十八世御法主日如上人猊下《今週の御指南5月第3週》

  15年5月18日 15:30   閲覧件数 371
《今週の御指南5月第3週》
『慈悲も勇気も妙法から生まれる』


慈悲と申しますのは元来、一切衆生に薬を与える、与薬を慈とし、苦を抜く、抜苦を悲としているのであります。

この慈悲の心は、御本仏大聖人に対する絶対の信の上に生まれてくるもので、この慈悲の心がなければ、また真の勇気は生まれてきません。

折伏は魔との戦いであります。三障四魔紛然として競い起こるなか、あらゆる障魔を打ち砕き、大聖人の正法正義を弘宣していくためには、真の勇気がなければなりません。

慈悲の心から生まれた勇気は、途中で頓挫することはありません。

大聖人様は『四条金吾殿御返事』に、

「兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり。ふかく信心をとり給へ。あへて臆病にては叶ふべからず」(御書一四〇八㌻)

と仰せであります。

たとえ兵法・剣形であっても、すべては妙法から生まれるとの御教示であり、真の慈悲も、また、その慈悲の心から生まれる真の勇気も、すべてが妙法から生まれることをよくよく銘記すべきであります。