17年6月28日 12:46

日蓮正宗総本山大石寺第六十八世御法主日如上人猊下《今週の御指南7月第4週》

  14年7月25日 19:49   閲覧件数 443
《今週の御指南7月第4週》
『実践活動をもって真の講中一結』

 まさに、今私どもは宗門挙げて、法華講員五〇パーセント増の誓願達成へ向けて、昼夜を分かたず懸命に折伏を行じておりますが、この誓願達成のために絶対不可欠な要件とは、ただいまの御金言の如く、講中が志を同じくして一体となり、一致団結・異体同心した戦いを展開していくことであります。

 ただし、この団結が言葉だけのものであったり、単なる掛け声であったり、表向きだけのものであったり、他人頼みのものであったりしては、真の団結とはならず、誓願は達成できません。

 つまり異体同心の団結とは、言葉だけでなく、実践を通して初めて生まれるものであって、口でいくら「団結、団結」と叫んでも、実行が伴わなければ大聖人様の御意にかなうものではありません。

 講中が一結して、誓願達成の一点にすべての行動の焦点を合わせ、共に折伏に歩き、共に広布を語り、共に励まし合い、共に障魔を打ち砕き、共に困難を乗り越え、お互いが信心を根本とした実践活動を通して、初めて真の団結が生まれるのであります。