17年6月27日 10:48

日蓮正宗がそんなによい宗旨なら、なぜ社会の人から広く受け入れられないのか

  14年2月17日 08:41   閲覧件数 851
質問の内容は色々な意味に解釈できます。

 具体的にいえば、「そんなによい宗旨なら」
 ① もっと昔から広まっていたはずだ
 ② もっと大勢の人が信仰するはずだ
 ③ もっと学識者や著名人に受け入れられるはずだ
 ④ もっと短期間に広まるはずだ
などの意味を含んでいるように思われます。
 
 今、これらの疑問に対して、まとめて説明しましょう。
 釈尊は法華経に、
 「此の法華経、最も為れ難信難解なり」(法師品第十・法華経三二五㌻)
 と説き、法華経は随自意といって衆生の機根にかかわりなく、仏が悟った法をそのまま説かれたもので、教義が深遠なために難信難解であり、さらに正法を信ずるときは必ず大難や障害が起こるために難信難解なのであると仰せられています。
 
 特に末法は衆生の機根も邪悪な時代であり、出現される仏も弘通される教法もより鮮明に破邪顕正を旨とするものであるから、迫害や誹謗は身命に及ぶものとなり、弘教は困難を極めるであろうと、釈尊は予言されました。
 
 釈尊の予言どおり、末法の御本仏日蓮大聖人の生涯は、立正安国と衆生済度の大慈悲に貫かれ、同時にまた邪悪な大難障魔との闘いの連続でもありました。
 
 日蓮正宗は日蓮大聖人の教えのままに、法の正邪を峻別する折伏の宗旨であり、個々の人間に活力を与え、現実生活の向上を説く宗教であるため、封建主義の時代には、民衆を抑圧して体制維持を計る為政者から弾圧されたのです。
 
 したがって日蓮正宗の本格的な布教は、信教の自由、布教の自由が認められたのちといっても過言ではありません。
 
 折伏弘教が進むにつれて、その反動としての中傷や妨害も様々に起こりました。なかには、せっかく日蓮正宗の話を聞いても、「日蓮正宗は新興宗教だ」「葬式の香典を全部持ち去ってしまう」「病人と貧乏人の集まりだ」などの悪質なデマに惑わされたり、世間の目を気にして入信できなかった人も多くいたのです。
 
 現在でも、正邪をはっきりさせることに抵抗を感じる人や、信仰するよりは遊んでいたほうが楽しいという人、朝夕の勤行と聞いて尻ごみする人など、入信できない人も大勢いるようです。
 
 そのようななかで、人生を真摯に考え、先祖からの宗教を改めて日蓮正宗に帰依することは実に勇気のいることであり、至難の業なのです。それにもかかわらず、日蓮正宗の信徒は、現在、日本国内のみならず全世界で広く活躍しています。
 
 様々な障害があるなかで、このように発展したのは、本宗僧俗の折伏弘教の努力によることはいうまでもありませんが、何よりも日蓮正宗の仏法が正統であり、御本尊に偉大な功徳力が厳然とましますからにほかなりません。
 
 世間には学識者や有力者、著名人といわれる人がおりますが、このなかには日蓮正宗の信仰をしている人もいれば、この宗教にまったく無知な人、世評や保身を気にして信仰できない人などさまざまです。ですから学識者や著名人が信仰する、しないによって宗教の必要性や正邪を判断することは、あまり意味のないことです。
 
 また“なぜ短期間に広まらないのか”という点ですが、日蓮大聖人の仏法に大利益があるからといって、一年や二年で願いごとがすべてかなうというわけにはいきません。
 
 なぜなら私たちには過去世からの種々の宿業があり、花も時がこなければ咲かないように、信仰の功徳が開花する時期は人によって異なるのです。また賢明な親は子供の欲しがる物をいいなりに買い与えないのと同じように、目先の願望をかなえるだけが仏様の慈悲ではありません。いかなる時でも、正法を堅持し生命力を発揮して人生を悠々と歩む人間になっていくところに、正法の真実の利益があるのです。
 
 したがって信仰の利益は、他人の目から見て容易に判断できるものではありません。しかし信仰によって御本尊の功徳を実感し、体験した人々の喜びと確信が、現在、多くの人々を正法に導き、真実の幸福への人生を歩ませているのです。難信難解の正法を語り、その功徳のすばらしさを伝えていくためには、着実な努力と時間の積み重ねが必要なことはいうまでもありません。
 
 あなたが、もし本当に“日蓮正宗は社会に広く受け入れられていない”と思い込んでいるならば、それは無認識による誤解であり、さもなければ偏見というべきです。
 
 また“もっと大勢の人が信仰しなければ、自分は信仰する気にならない”という意図で冒頭の質問をされるならば、それはあたかも“もう少し大勢の人が法律を守らなければ、自分も法律を守る気がしない”ということと同じで、良識ある大人のいうことではありません。
 
 他人がどうあろうと、周囲にどう評価されようと、正しい道を知ったならば、確信を持って自ら邁進する人こそ、真に勇気ある人であり、聡明な人というべきでしょう。

(『正しい宗教と信仰』より転記)