17年12月16日 00:51

『人生の四苦八苦を乗り越えるために』

  13年12月30日 19:12   閲覧件数 1,413
【人生の苦しみ】
 私たちの生きる世界は、様々な苦しみで満ちています。
 病気や老いによる肉体的・精神的な苦痛、職場や地域などでの人間関係の悩み、そしてやがて誰もが迎える臨終に対する怖れなど、その多くは文明の発達や人の努力だけで解決できるものではありません。

 このような誰もが避けて通ることのできない現実の相を仏教では『四苦八苦』と説か
れています。

『四苦』
生苦…生まれてくる苦しみ。
老苦…老いていく苦しみ。
病苦…病気による苦しみ。
死苦…死を迎える苦しみ。

『ハ苦』
愛別離苦(あいべつりく)…愛する者とはいつかは別れなければならない苦しみ。
怨憎会苦(おんぞうえく)…恨み憎む者や自分の望まない状況に遭遇する苦しみ。
求不得苦(ぐふとっく)…求めるものを得られない苦しみ。
五陰盛苦(ごおんじょうく)…人間の身体的・精神的作用が盛んになることによって受ける苦しみ。


【苦悩の人生からの脱却】
「自分には特に悩みはない」などと言っている人にも、この四苦八苦は必ずやってきます。しかもそれは、過去世から今日まで積んできた罪障により、重なり合って現れることが多く、それによって苦悩のどん底に陥ることもあるのです。
 一切衆生を救済するために出現された御本仏・日蓮大聖人は、
 「偏に先業の重罪を今生に消して、後生の三悪を脱れんずるなるべし」(佐渡御書・御書五八○ページ)
と仰せられ、過去よりの罪障がたとえどんなに大きくとも、大聖人の顕された妙法の教えを信ずる功徳によって、それらはすべて消え去り、苦悩の人生から必ず脱却できることを教えられています。


【正しい信仰に生きよう】
 今、あなたが大聖人の正法を信じ、南無妙法蓮華経の御題目を唱えることによって、今までの苦しみの生命が清らかな生命へと変わります。弱かった心は何物をも怖れない強い心に変わり、いかなる苦悩も克服できる自在の境地となれるのです。
 苦悩の人生を、幸福な人生へと変えることのできる宗教、それは日蓮正宗しかありません。人生の四苦八苦を乗り越えていくことができる教え、それは御本仏・日蓮大聖人の南無妙法蓮華経以外にはないのです。


【まず実践してみよう!】
 日蓮正宗の信仰を実践することにより、あなた自身はもとより、あなたの家族の未来までも大きく変えていけるのです。
 どうか一日も早く日蓮正宗の寺院の門をたたいて下さい。そこには、あなたの人生観を変え、何があっても崩れることのない、絶対的な幸福境涯に導いてくれる真実無上の教えがあります。

(『正しい信仰のすすめ⑥』より転記)