17年4月24日 02:43

日蓮正宗総本山大石寺第六十八世御法主日如上人猊下《今週の御指南1月第1週》

  13年12月29日 19:44   閲覧件数 758
《今週の御指南 1月第1週》
『臆病にては叶ふべからず』

 広布の戦いにあって「臆病」は禁物であります。むしろ、

  「難来たるを以て安楽と意得べきなり」(新編1763)

と仰せのように、いかなる難も障害も敢然として受け止め、お題目を唱え、勇気を持ってこれを打ち破っていくことが肝要であります。

 「歳寒の松柏(さいかんのしょうはく)」という言葉があります。松や柏が厳しい寒さにも葉の緑を保っているところから、どんな苦しい事態に陥っても、けっして節操を変えず、信念を貫き通すことの譬えでありますが、我々もまた、全人類の幸せと全世界の平和実現のために、いかなる事態が惹起しようが、決然として一切衆生救済の慈悲行である折伏を実践していくことこそ、今、最も急務であります。(大日蓮 平26.1)